スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
きんぴらごぼう
デジカメを買おうか悩み中です。
パンフレットもらってきたり、人に聞いたりして候補は絞っているのですが、
どうもふんぎりがつかないのですよねぇ(;-_-) =3
ちなみに、候補はRICOHのCaplio R3PanasonicのDMC-FX9です。
どうしようかなあ。。。。

今日のおかずはきんぴらごぼうでした。

【材料】
ごぼう(1本)、にんじん(1本)、ごま、七味唐辛子、料理酒(大さじ3杯)、醤油(大さじ3杯)

【手順】
1、ごぼうとにんじんの皮をむき、マッチ棒くらいの大きさに切る。
  ・ごぼうは切った後、水につけてアクを抜くので、ごぼうを先に切る
 
2、熱した鍋にごま油とサラダ油を入れてなじませる。
  先にごぼうを炒め、ごぼうがしんなりしてきたらにんじんを加える。
  ・ごぼうを先に炒めるのは火が通りにくいから
  
3、火を強めの中火にし、鍋に料理酒を加えて混ぜる。
  料理酒が蒸発したら醤油を加えてさらに混ぜる。
  ・にんじんが焦げないように注意!!
  
4、醤油も蒸発したら火をとめ、ごまと七味唐辛子をかけて混ぜる。
  お皿に盛り付けて出来上がり!

20060128_1.jpg


【感想】
火が強すぎたのか、焦げました。鍋も真っ黒(>_<)
うーん、料理上級者になるには火加減の調節をマスターしなければなりません。。。
味はまあまあでしたが、少し固かったです。
星は1.5で。
スポンサーサイト

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

【2006/01/28 22:17 】 | 野菜料理 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
キムチ鍋をつくる
東京にも雪が降りました!朝起きたら外は雪景色で驚きました。
写真は近所の公園の風景です。
2006012121_1.jpg


長野や新潟の方には申し訳ないですが、
積もっているのを見たら妙に嬉しくなりました(^_^;)
寒い日には鍋に限ります。今日の料理はキムチ鍋です♪


【材料】
豚肉(中1パック)、白菜(1/3個)、長ねぎ(1本)、ほうれん草(1/2束)、
糸こんにゃく(1袋)、えのきだけ(1袋)、焼豆腐(1パック)、
昆布、キムチ鍋の素(200cc)、味噌(大さじ3杯)、料理酒(50cc)

【手順】
1.昆布を10cm位の長さに切り、料理酒に浸した後、水をはった鍋に入れてだしをとる。

~~~~~ この間にお米をといでご飯をたく ~~~~~~

2.白菜、ほうれん草は大きめにざく切りに、長ねぎはななめに切る。
  えのきだけは根元を2cm程切り落とし、糸こんにゃくと豆腐も食べやすい長さに切る。

3.料理酒で溶いた味噌とキムチ鍋の素をだしをとった鍋に入れる。
  ・後から野菜を入れるので、濃い目に味付けすること
  
4.中火~強火の間で煮立てながら、
  白菜→肉→長ねぎ→糸こんにゃく→ほうれん草→焼豆腐と
  火の通りにくい順に鍋に入れる。
  ・鍋のだしがふきこぼれないように気をつけること!
  
5.野菜が煮えたら出来上がり~。

2006012121_2.jpg


【感想】
おいしかったですよ。キムチはダメですが、キムチ鍋は大好きです。
普段は糸こんにゃくではなく、しらたきを入れるのですが、
母の実家から送ってきた糸こんにゃくが余っていたので、今回は糸こんにゃくにしました。
今日は具をたくさんいれましたが、
肉・白菜・長ねぎ、しらたきだけのシンプルなキムチ鍋もいいかも。。。
この4つがあれば大満足なので。評価は星3つです!

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

【2006/01/21 22:46 】 | 野菜料理 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
はちみつ生姜湯
最近寒いせいか、風邪を引いたようです。
昼間はそれ程でもないのですが、夜になると喉がほこりっぽくなって咳が止まりません。
多分、冷えと乾燥が原因だと思うのですが。。。
病院でもらった薬もあまり効かないので困っています。
でも、はちみつ生姜を飲むと体が温まるのか、しばらく咳がおさまるのですね~。
ということで、今日のメニューははちみつ生姜湯です。

【材料】
生姜、はちみつ、お湯

【手順】
1.生姜の皮をむき、コップのなかにすりおろす。

2.はちみつをコップに入れる。

3.コップに熱いお湯を注ぎ、よくかき混ぜて出来上がり!

飲み終わった後にコップの底に残った生姜を食べるとさらに温まります。
生姜は体を温める効果があって、はちみつは喉にいいんですよね
(はちみつのど飴ってあるくらいですし)。
たまご酒や長ねぎの湿布など、風邪にいいといわれるものは他にもありますが、
はちみつ生姜湯が一番効く気がします。

テーマ:冬の味覚 - ジャンル:グルメ

【2006/01/18 00:19 】 | デザート・その他 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
豚汁をつくる
母の実家から今年もこんにゃくが送られてきました。
母の実家のあるところ(関東某所)はこんにゃくの産地で、
毎年冬になるとダンボールでこんにゃくが送られてきます。
店で売っているのと違って、1つ1つが塊になっています。

20060114_1.jpg


薄くスライスして、生姜醤油につけて食べるとすごくおいしいですよ~。
今日のメニューはこんにゃくをつかった冬の定番、豚汁です♪

【材料】
豚バラ肉(小1パック)、生姜(1かけら)、大根(1/3本)、にんじん(小1本)、ごぼう(1本)、
こんにゃく(3かたまり)、里芋(2個)、長ねぎ(1/2本)、油揚げ(1枚)、
赤味噌(大さじ3)、白味噌(大さじ1)、みりん(50cc)、塩(1つまみ)

【手順】
1.豚肉、生姜、大根、にんじん、ごぼう、里芋、こんにゃくを切る。
  大根、にんじん、ごぼう、里芋は皮をむいて小さめのザク切りに、長ねぎは小口切りに、
  生姜は薄くスライスする。
  ・ごぼうの皮は包丁の背の部分でそぐ
  ・里芋は切った後、塩でもむ
 
2.鍋に豚肉と生姜、水を計量カップ4杯分入れて強火で煮る。煮立ったら弱火にしてアクを取り、
  大根→にんじん→ごぼう→こんにゃくの順に 鍋に加えて15分程度煮込む。
 ・豚汁の場合、ごぼうのアクはそれ程こまめにとらなくてもいい(母談)
 
3.赤味噌と白味噌を鍋の煮汁で別の容器でとき、といた味噌を半分鍋に加える。
  ここで里芋を加えてさらに15分ほど中火で煮る。
 
4.里芋がやわらかくなったら長ねぎと油揚げを鍋に入れて5分ほど煮込む。
  3で溶いた味噌の残りとみりん、塩を鍋に加えて更に3分程度煮込んで出来上がり♪
  ・残りの味噌を加えたらあまり煮過ぎないこと!

20060114_2.jpg


【感想】
少し甘かったかもしれません。
母がいうには、
「白味噌で十分甘くなるので、みりんよりお酒を入れたほうがいい」( ..)φメモメモ
えーと、評価は星2.5で。

テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ

【2006/01/14 22:41 】 | 汁物料理 | コメント(1) | トラックバック(1) | page top↑
七草粥?をつくる
今日は1月7日。七草粥をの日です。
七草とは「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、仏の座、すずな、すずしろ」だそうです。
ちなみに、すずな=かぶ、すずしろ=大根だとか。
七草粥を作ろうと思ったのですが、七草粥用の野菜セットが高かったので予定変更。
「とりあえず7種類の野菜が入っているおかゆ」を作りました。。。

【材料】
お米、大根、にんじん、ごぼう、玉ねぎ、白菜、長ねぎ、にら、塩

【手順】
1.炊飯器でおかゆをたく

2.大根、にんじんを短冊切りに、ごぼうをささがきに、玉ねぎを輪切りにする。
  長ねぎとにらはみじん切りに、白菜も適当な大きさに切る。

3.2で切った野菜を大根→にんじん→ごぼう→玉ねぎ→白菜→にら→長ねぎの順にゆでる。
 ・ごぼうはあくがでるので別の鍋でゆでたほうが良い
 ・途中で味付けのため塩をふる
 
4.ゆであがった野菜をざるにあけて、水を切る。

5.おかゆが炊けたら、野菜を盛り付けて出来上がり!!

20060107_1.JPG


【感想&反省】
実はごぼうを他の野菜と一緒にゆでてしまい、あくがでてあせりました。
次からは別にゆでるようにしなければ・・・。
塩ひかえめにしたのですが、ゆでた白菜と玉ねぎが甘くておいしかったです。
味が薄ければ後で追加すればいいのですし。
反省点は野菜を切りすぎたことです(ーー;)
野菜7種類あるから、ちょっとずづでいいですね。。。
評価は☆2つ半で。

テーマ:七草粥 - ジャンル:グルメ

【2006/01/07 23:59 】 | ご飯・丼料理 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
おしるこをつくる
あけましておめでとうございます。
今年もがんばって料理していきますので、MoniiCookingをよろしくお願いしますo(_ _)o

2006年最初のメニューはお正月のおやつの定番、おしるこです。

【材料】
切り餅(2個)、こしあん(1缶)、水(1カップ)、砂糖、塩

【手順】
1.お餅を網で焼く(レンジでも可)。
 ・餅はあとでおしるこになじませるため、固めに焼く

2.鍋にこしあんと水を入れてよく混ぜ、沸騰させる。
  煮立ったら弱火にして、かき混ぜながらしばらく混ぜる。
  甘味を引き立てるために塩を加え、好みで砂糖も加える。

3.1で焼いた餅を加え、おしるこになじませる。
  餅がなじんだら火を止めて出来上がり!!

20060102_1.JPG


【感想&反省】
個人的にちょうどいい甘さでした。
最初水を入れたとき、「水入れすぎた!?」と思ったのですが、
後で煮詰めることを考えると最初は気持ち多めでいいのかもしれません。
「料理」という程手は込んでませんが、おいしかったので星3つです。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2006/01/02 18:20 】 | デザート・その他 | コメント(3) | トラックバック(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。